【葬送のフリーレン第1巻感想】時間感覚の違いを考えると時間の価値や考え方が変わると思う

どうも!荒木田です。

マンガ大賞2021に輝いた『葬送のフリーレン』がすごく話題になっていますよね。

私も気になったので試しに1巻目を読んでみたんですが、これがなかなか心が温まるというか、考えされられることの多いマンガでした!

そこで今回は、葬送のフリーレン第1巻の感想をまとめていきたいと思います。

葬送のフリーレン第1巻のあらすじは?

まずは、葬送のフリーレン第1巻のあらすじを見ていきたいと思います。

Wikipediaに掲載されているあらすじは以下のとおりです。

魔王を倒して王都に凱旋した勇者ヒンメル、僧侶ハイター、戦士アイゼン、魔法使いフリーレンの勇者パーティ4人。10年間もの旅路を終え、感慨にふける彼らだが、1000年は軽く生きる長命種のエルフであるフリーレンにとっては、その旅はとても短いものであった。そして50年に一度降るという「半世紀(エーラ)流星」を見た4人は、次回もそれを見る約束をしてパーティを解散する。

50年後、すっかり年老いたヒンメルと再会したフリーレンは、ハイターやアイゼンとも連れ立って再び流星群を観賞する。その後にヒンメルは亡くなるも、彼の葬儀でフリーレンは自分がヒンメルについて何も知らず、知ろうともしなかったことに気付いて涙する。その悲しみに困惑した彼女は、人間を”知る”旅に出るのだった。

このように、本作の主人公というかヒロインは、エルフであり、勇者パーティーで魔法使いとして活躍したフリーレンというエルフ族の女の子です。

女の子といってもこの作品中のエルフ族は軽く1000年は生きるみたいですし、勇者たちと旅した10年間のことも『たった10年』と表現しているので、実年齢はかなりのものなんじゃないかなと思います。

勇者、僧侶、戦士、魔法使いの4人パーティーで魔王を討伐しに行くというのはRPGでもよくある設定なんですが、この『葬送のフリーレン』の面白いところは、既に魔王を討伐したところからストーリーが始まるというものなんですよね。

昔クリアしたドラクエとかFFなどのRPGも、ラスボスを倒した後に登場人物たちや世界はどうなっていくんだろうって妄想したことがあるんですが、そういう物語の続きが見られる感じで最初から面白そうだなと感じました。

んで、実際読んでみると、けっこう考えさせられる内容も多かったんですよね。

その中で個人的に色々考えるきっかけになったのが、人間とエルフの時間感覚の違いでした。

本作では人間とエルフの寿命の違いから、同じ期間でも感じ方が全く異なることが随所に描かれているんです。

この作品では種族による時間感覚の違いとして書かれているんですが、これを読んだ時に、同じ人間同士でも時間感覚の違いってあるよなって思ったんです。

時間感覚の違いは人間同士でも発生する

人間も年を取ると、だんだん1年が短く感じられるようになってきますよね。

子供の時の1年間って結構長く感じましたけれど、大人になった今ではあっという間に1年が過ぎ去ってしまいます。

毎年年末に『ガキ使』を見てお正月を迎えたと思ったら、いつの間にか春夏秋と季節が移り替わって、あっという間に次のお正月がやってきちゃいます。

こんな風に、全く同じ1年という時間であっても、子供の1年と大人の1年では感じ方が全く違うんですよね。

時間間隔が違うから子供との時間を大切にしようと思った

私もつい先日子供が生まれたばかりなんですけれど、これから大きくなっていく子供との時間を本当に大切にしていかなきゃなって、葬送のフリーレン第一巻を読んで改めて感じたんです。

子供にとっての1年が大人より長く感じられるということは、1日1日も長くて新鮮に感じることが多いんじゃないかなと思います。

私たちが会社での仕事で忙しく働いて、毎日同じような生活を続けている間にも、子供たちはどんどん新しい経験をしてみるみるうちに成長していくんですよね。

特にも子供が小さいうちというのはあっという間に育っていってしまうんじゃないかなと思います。

となると、会社での仕事などに忙殺されてしまっていると、子供との貴重な時間にもしっかり向き合うことができないんですよね。

私にとってはたった1年だったとしても、0歳の赤ちゃんにとっての1年ってどう考えても大きいですから、その時間は特に大切にしていかないといけないなと感じました。

作中でも、人間のことをもっと知ろうと思ってからのフリーレンは、人間の感じる時間のことも尊重したり考えることができるようになっていました。

エルフのフリーレンにとっての10年と、人間の感じる10年は全然違うということを理解して向き合うようになったんですね。

同じように私も、子供が感じる時間の感覚のことを思いやりながら、しっかりと近くで見ていてあげられるようにしたいなと思いました。

子供との大切な時間を会社に奪われるわけにはいかない

ところで、会社員として生活していくときに、社畜みたいな働き方を職場から求められてしまうと子供との時間を尊重していくことも難しくなってくる場合があると感じています。

子供との時間に限らず、自分にとって大切なことに使う時間が仕事によって奪われるというのは耐え難いことですよね。

確かに、生活を成り立たせるために仕事をしているわけではありますが、だからといって仕事だけをするために生きているわけではないですもんね。

となると、社畜的な生活をするわけには絶対にいかないと思うわけです。

職場で求められる仕事や役割はちゃんとやりますが、無駄に残業したり休日出勤したりというのは望むところではないですし、やたらと仕事を押し付けられるのも絶対に避けたいところです。

ただ、会社にいるとそういうことを求められてしまう場面も出てきてしまいますし、避けられないケースもあるのかなと思います。

多少そのような場面に出くわすことは仕方がないのかもしれませんが、それがあまりにも常態化するようであれば、転職するなりして環境を変える必要も出てきますよね。

そうなってしまった時に、転職先でも使えるようなスキルを身につけたりとか、あるいは本業以外の収入も得られるようにしておくと強いんじゃないかなと思います。

最近では働き方とかワークライフバランスも考えられるように徐々になってきましたが、それでも理不尽なことだってまだまだたくさんありますよね。

自分や家族、子供との生活を大切にしていくことを考えた時に、少しでも可能性を広げておくことも重要なのかなって改めて思いました。

私の場合は、副業に取り組んでいくことが、自分や家族を守るための手段になっているので、これからも引き続き頑張っていきたいなと身が引き締まったところです。

それはそれとして、フリーレンの2巻も気になるので、近いうちに続きを読んでみたいなと思います!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

追伸:アドセンスで毎月安定して稼ぎ続けている方法について無料でお読みいただけます


現在、サラリーマンの副業で毎月安定して10万円以上稼ぎ続けています。

累計で稼いだ金額は300万円を超えました。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ能力は低い方で、職場でも普通に無視されたり怒鳴られたりと、パワハラを受けていました。

そんな辛い職場環境から逃れるために副業を始めたんですが、結果として毎月安定して稼ぎ続けられるようになり、精神的な安定も手に入れることができました。

会社の給料以外にも自分で稼げる力を持っていると、いざというときに自分で自分を守れるので、気持ちにも余裕が出てくるんですよね。

この経験から、ほかにも副業で稼ぎたいと思っている方や、辛い思いをしていらっしゃる方のために、在宅でできる副業のやり方をお伝え出来たらと思っています。

そのような考え方から、私が副業で毎月安定して稼ぎ続けられるようになった方法をメルマガで発信しているところです。

また、メルマガ読者様には、具体的な副業で安定して稼ぎ続ける方法をまとめたレポートを無料でプレゼントしています。

無料プレゼントはこちらからこちらからお受け取りいただけます↓↓
副業で毎月安定して稼ぎ続ける具体的な方法を読んでみる

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です