きみセカ第2話感想!笹野さんの演技最高&本郷が打たれた理由&増える謎…

世間ではいろいろ言われていますが、個人的に好きな『きみセカ』の第二話見ました!

特に終盤の展開で気になるところがたくさんありましたね。

せっかく駐屯地の目の前までやってきたのに、頼れる警察官の本郷さん(大谷亮平)が撃たれるなんて…

そして、次回では謎の刀集団が出てくるという急展開も気になるところですね。

きみセカ第2話感想!本郷が撃たれたのは理由は?

今回の第二話のストーリーで一番衝撃的だったのは、終盤で本郷さんが胸を銃で打ち抜かれてしまうところではないでしょうか?

荒木田
もしかしたら撃たれただけで生きてるかもしれん…

なんて甘い考えを持っていたんですが、その後に公式サイトを見てみたら、しっかりと本郷さんのところに×マークと「dead」の文字が…

第一話ではバイク便の人以外全員がピンチを乗り切って生き残ったのに、今回は一気に2人もいなくなってしまったんですね…

それにしても、どうして本郷さんが撃たれてしまったんでしょうか?

シンプルに、

『お~い!』

と大きな声を出していたら課でしょうか?

もしも、駐屯地目の前までやってきた響たち全員を射殺したいと考えているのなら、最初に大声で手を振っていて目立っていた本郷さんから撃ったと考えられるかもしれません。

その場合、生き残った人たちを狙って撃ってくる理由がわかりませんが…

あるいは、本郷さんが警察官であることがわかり、銃の扱いもできたことが駐屯地の黒幕にバレてしまったから、生き残りの中で一番戦力が高くて厄介と思われて、優先的に狙われてしまったのかもしれません…

いずれにせよ、本郷さんが撃たれてしまったことで、駐屯地が味方とは言えない状況になったことは明らかな感じがしますね。

きみセカ公式サイトの次回予告にも気になる内容が…

公式サイトの次回予告によると、響たちの方が先に発砲したという虚偽の報告がなされ、響たちがテロ集団とみなされてしまっていたそうです。

一方、響たちは横浜を目指しつつも、危険な状況から逃げるためにショッピングモールに逃げ込むという展開になっていくんですね。

ショッピングモールでは謎の刀集団たちに襲われる展開が待ち受けているようですが、ウイルスが蔓延してから数日の間に刀を持った集団が現れるなんて、どんな世紀末なんでしょうか。

この刀集団の方がよっぽどテロ集団って感じですが、この人たちも駐屯地で危険な目に合った人たちなのかもしれませんね。

どういう人たちなのか気になるところです。

笹野高史さんの演技が最高だった!

ところで、笹野高史さんの演技も最高でしたね!

怒りの演技も、ゾンビ化しかけた時の演技も迫力があって引き込まれました。

そんな笹野さんが演じる小説家の宇和島ですが、ゾンビに噛まれちゃっていたんですね…

最初は見捨てられることに怒りを感じていた宇和島でしたが、最期はみんなを守っていったところが格好良かったです。

役に立たないとか、危険な存在だとか、そんな言葉を面と向かって言われたら、最後に助けてやろうなんて気持ちになれないんじゃないかと思っちゃいますが、体を張って残りのメンバーを助けた姿は本当にかっこよかったです。

宇和島のシーンで感じたトロッコ問題と優先順位

ところで、宇和島がゾンビに噛まれていたことが分かってロープで縛られているときのシーンを見て感じたのが『トロッコ問題』でした。

自分たちが生き残るために宇和島を見捨てるか、それともワクチンを使って宇和島も助かる道を選ぶのかという選択肢が、まるでトロッコ問題みたいに感じたんですよね。

どっちが正解という答えがない問題なので、非常に難しいところなんですが、確かにみんなの命を守るために宇和島を犠牲にするというのは合理的な考え方ではあるのかもしれませんね。

日常生活でリアルなトロッコ問題に直面することはないけれど…

リアルな日常生活の中では、トロッコ問題ほど深刻な選択肢を迫られることはほとんどないとは思います。

ただ、それでも『どっちを選ぶか』という選択は、大きいものから小さなものまで含めてやっぱりあるんですよね。

これって、個人的には優先順位の問題になってくるのかなと思います。

仕事を最優先にするのか、それともプライベートを大切にするのかとか。

収入をたくさん得たいのか、自由な時間を大切にしたいのかとか。

人によって得たいものとか重要度が高いものって違うと思うので、どれを優先して選択するかというのにも答えはないのかなって思います。

私の場合は、仕事よりも家族との時間とかを優先させたいタイプではあるんですが、会社員として働く以上、どうしても会社に縛られてしまう部分もあるんですよね…

そういう会社に拘束されて不自由になってしまう部分を少しでも少なくするためにこれからも副業を続けていきたいと思いますし、もっと成果を出せるようにしたいと感じているところです。

二者択一で悩まずに第三の選択肢を選べるようになるためには、しっかりと実力を身につけていくしかないのかなって感じました。

メチャクチャ話がそれてしまいましたが、第三話も楽しみですね!

それでは!

キミセカ1話の感想はこちら

追伸:アドセンスで毎月安定して稼ぎ続けている方法について無料でお読みいただけます


現在、サラリーマンの副業で毎月安定して10万円以上稼ぎ続けています。

累計で稼いだ金額は300万円を超えました。

才能があったわけでもなく、環境に恵まれたわけでもありません。

むしろ能力は低い方で、職場でも普通に無視されたり怒鳴られたりと、パワハラを受けていました。

そんな辛い職場環境から逃れるために副業を始めたんですが、結果として毎月安定して稼ぎ続けられるようになり、精神的な安定も手に入れることができました。

会社の給料以外にも自分で稼げる力を持っていると、いざというときに自分で自分を守れるので、気持ちにも余裕が出てくるんですよね。

この経験から、ほかにも副業で稼ぎたいと思っている方や、辛い思いをしていらっしゃる方のために、在宅でできる副業のやり方をお伝え出来たらと思っています。

そのような考え方から、私が副業で毎月安定して稼ぎ続けられるようになった方法をメルマガで発信しているところです。

また、メルマガ読者様には、具体的な副業で安定して稼ぎ続ける方法をまとめたレポートを無料でプレゼントしています。

無料プレゼントはこちらからこちらからお受け取りいただけます↓↓
副業で毎月安定して稼ぎ続ける具体的な方法を読んでみる

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です