キーワードを記事タイトルのどこに置くかで稼げるかどうかが決まる!

 

 

どうもこんにちは!荒木田です。

 

今回は、キーワードを記事タイトルのどこに置くかで稼げるかどうかが決まるというテーマについて解説していきたいと思います。

よろしくお願いいたします(*^^*)

 

 

記事タイトルは上位表示に最も重要な要素!

 

記事タイトルは SEO で非常に重要な要素になります。

 

SEO というのは、検索エンジンで上位表示させるためのテクニックや取り組みと考えていただければ良いかと思います。

 

作成した記事を検索エンジンで上位に表示させるためには、記事とタイトルのどちらにも十分配慮していく必要があるんですね。

 

そのなかでも特に記事タイトルは非常に重要です!

記事タイトルには必ず狙うキーワードを含めていくようにしましょう。

 

ただし、単にキーワードをタイトルに入れていけばいいというわけではありません。

タイトルの中に含めるキーワードは1回にしましょう。

 

同じキーワードをタイトルに何度も入れてしまうと、ペナルティを受けてしまって上位表示されなくなってしまうことがあります。

あくまでも自然に一つずつキーワードを入れていくことがポイントです。

 

それからキーワードを配置する位置というのも重要なポイントになってきます。

キーワードは記事タイトルの前半の方に含めていきましょう。

 

極力タイトルの冒頭の方にキーワードを入れていくことが SEO 上では重要な要素になってきます。

 

ただしあくまでも自然な日本語になるようにタイトルを付けていきましょう!

 

ただ単に狙うキーワード羅列させるだけでは上位表示させることはできませんので、

自然な日本語のタイトルの中にキーワードを盛り込むようにして、かつキーワードをタイトルの前半の方に持ってくるようにすることがポイントです。

 

なお、記事タイトルの文字数は32文字以内に収めるようにしましょう。

 

これはなぜかと言うと検索結果に表示されるタイトルの文字数というのがおよそ32文字だとされています。

 

この32文字以内に狙うキーワードを入れた上で、さらにそのタイトルを見た人が興味や関心を抱くようなそのようなキャッチーなタイトルをつけることができるようになれば完璧ですね!

 

 

具体的な記事タイトル例

 

例えば、「東京 ステーキ」というキーワードでタイトルを作成するというケースで考えてみたいと思います。

 

「東京でステーキを食べるならこれで決まり!○○も大絶賛」

というタイトルと、

「○○も大絶賛!東京でステーキを食べるならこれで決まり」

というタイトルの場合、前者の方が上位表示しやすくなります。

 

しっかりと狙うキーワードを前半の方に盛り込めているので、前者の方がSEO上は有利なんですね。

 

ただ、考え方としては先に「有名人が大絶賛」というようなフレーズを持ってくることによって、より多くの人が興味を持ってくれるんじゃないか?

という考え方もあります。

 

確かに、実際に人が見たときに興味を持つのは後者の方かもしれません。

 

ただ今回はあくまでも検索エンジンで上位表示をさせて、そこから訪問者を増やしていくことが目的になりますので、やはり検索エンジンで上位表示をさせられるように前半にいいワードを持ってくることが鉄則になります。

 

後者のようにキャッチーなフレーズを前半に持ってくるのであれば 、Twitter や Facebook などのような SNS で拡散をしていくときに有効な手段になります。

 

どこから人を呼び込むかということを意識してタイトルの付け方を変えてみるのもいいですね。

 

 

ちなみに、

「東京でステーキ!値段・評判・営業時間や定休日は?」

というようなタイトルはお勧めしません。

 

こちらは、狙うキーワードが前半に来ていること自体は良いんですが、ただ単に気になるキーワードをどんどん盛り込んだだけのような形になっています。

 

このようなキーワードの羅列だけですと、上位表示させることは難しくなってきますので、やはり狙うキーワードはしっかり絞って前半に持ってくるようにしましょう。

 

そのうえで、全体的にきちんと日本語として成り立つようなタイトルにしましょう!

 

 

まとめ

 

記事タイトルをつける時には、

・狙うキーワードを必ずひとつずつ使用すること

・狙っていくキーワードは前半に持ってくること

・タイトルは32文字以内に収めること

 

この3点を踏まえてタイトルを作成していくと、上位表示させられる可能性が高まり、収益も上がりやすくなりますので、このポイントをしっかりと押さえてタイトルを作成していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です