クラウドワークスの登録と受注率を高める初期設定方法を解説!

 


 

記事作成を外注さんにお願いするときには、外注さんとのマッチングサイトに登録する必要が出てきます。

 

いくつかそのようなサイトはありますが、最も外注さんが多く、機能的にも使いやすいのが「クラウドワークス」です。

 

このクラウドワークスに登録して、外注さんとのやりとりを始めていきましょう!

 

外注さんに受注してもらえる可能性を高める初期設定とは?

 

ただ単に登録して、外注さんを募集するフォームを入力しても受注はしてもらえますが、

より多くの外注さんを集めたいのであれば、受注してもらえる可能性を高めるために初期設定をしっかりと行っておきましょう。

 

外注さんからすると、お仕事を依頼している人がどんな人なのかがはっきりと分かったほうが安心して仕事を行うことができるので、プロフィールの入力をしっかり行っておきましょう。

 

また、本人確認書類を行っておくと、記事を作成するライターさんから見た時にも本人確認済みの信頼できる人と映るので、本人確認も同時に行っておきたいですね。

 

私たちの立場からしても、ライターさんがどういう人なのかというのは少し気になりますよね?

このときに、プロフィールが全然埋まっていないと、メッセージも送りにくいですし、きちんと活動している人なのかどうか疑ってしまいやすくなります。

 

これは外注さんから見た時も同じなので、しっかりとプロフィールを入力して、どのような仕事を行っていて、どんな人材を求めているのかがわかるように設定を行っていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です