本気で取り組むなら、最低でも半年は続けてみる

 


 

 

 

 

こんにちは!荒木田です。

 

今回は本気で取り組むなら最低でも半年は続けてみるということについてお話しさせていただきたいなと思います。

 

 

すぐに結果を求めると逆に成功が遠のく?

 

 

ビジネスで結果が出るまでにはある程度一定の期間を必要とします。

 

結果が出るまでの期間の間で途中で諦めてしまったら、それまでの努力というのも全部無駄になってしまうんですよね…

 

そして他のノウハウに目移りしてしまって、

結果的に遠回りをしてしまうことになってしまいます。

 

画像で見てみると分かりやすいんですが、このようなイラスト見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

本当にもったいないのは、下の人のような状況ですよね。

 

 

あと一回二回頑張って来れば、求めていた報酬が得られたかもしれないのに…

 

この直前で止めてしまっているのは非常にもったいないです。

 

 

このような途中でやめてしまうと、

そこまで進めてきた努力が無駄になってしまいます。

 

これって悲しすぎますよね

 

そのような悲しい状況を回避するためにも、成果が出るまで、とにかく行動を続けていくことが成功を収める上では大切な考え方になってきます。

 

 

なぜ、人はすぐに結果を求めるのか?

 

 

そもそも、どうして人はすぐに結果を求めてしまうのでしょうか?

 

 

個人的には、いわゆる雇われマインドが大きく関係しているのではないかと思います。

 

雇われて会社員がどのような形で働いていると働いたぶんだけ給料がもらえるんですよね。

 

その一方でネットビジネスは作業をしたぶんだけ結果が出るかと言うとそういうわけではないです。

 

ビジネスの成果の上がり方と会社員の給料の上がり方は別だということを理解することが重要になってきます。

 

会社員の給料というのは、

まさにこの右肩上がりのこのような直線のグラフであることが多いです。

 

 

 

 

例えば、会社員としてのお仕事であれば、残業をすればするほど基本的には残業代が支払われますよね。

 

頑張って残業し、頑張った分だけ給料がアップするというような形になります。

 

あるいは、時給制のアルバイトなども一緒ですよね。

 

いっぱい働いた分だけ時給が発生して、

それだけ所得も増えていきます。

 

ただしネットビジネスの場合はこのように作業したぶんだけ成果が比例して上がっていくかというとそういうわけではないんですよね。

 

ネットビジネスの場合は、

最初始めた時には全然成果が上がってこないことがほとんどです。

 

それでも実践を続けていくと徐々に徐々に成果が上がってきますし、

ある一定のラインを超えると

一気に突き抜けて大きな成果を得られるようになります。

 

しかし、実際の成長量と理想としていた成長量にギャップがあるせいで挫折してしまう人が多くなってしまうんですよね。

 

そのため、成功を収めるためには見切りを早くしすぎないことが重要になってきます。

 

 

そこで、今回のテーマの所になってくるんですが、

最低でも半年間は続けてみることが大切です。

 

半年間続けてみても、それでも成果ですとか成長というのが見られないのならば、まずはこれまでやってきた方法に問題がなかったかどうかというのを振り返って反省してみることが大切ですね。

 

そして反省して改善しても成果が見込めないというような場合には、

そこで初めて続けていくかどうかという判断をしても遅くはないんじゃないかと思います。

 

 

そのため1か月や2か月という単位で判断してしまうというのは、少し早すぎる決断だと思います。

 

ネットビジネスの場合でも、半年や一年間といった、ある程度の期間を続けてみないと見えてこない部分gありますので、やはり最低でも半年くらいは継続してみることをお勧めします。

 

もしも続けていく上で不安になってしまったときには、既にある程度ネットビジネスで成功を収めている人に相談してみたり、質問してみるなどのアクション起こすというのも一つの手段だと思いますね。

 

そのようにしてこれまでの自分のやり方に問題がなかったかどうか反省しながら、

まずは半年間続けてみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です