猫がおもちゃを足元にしつこく置いてきて困った!作業妨害を回避する方法は?

うちの家族構成は、私・妻・長男・猫1匹という感じなんですが、この猫が可愛い反面、作業を妨害してくるやっかいな存在だったりするんですよね。

うちの猫は知り合いから譲り受けて飼い始めた猫なんですけど、メチャクチャ人懐っこい性格で、すぐに我が家にもなじんでくれました。

ただ、あまりにも人懐っこすぎるのかわかりませんが、おもちゃで遊んで欲しいのか毎日のように私の足元に様々なおもちゃを持ってきては置くという行動を繰り返すんですよね。

かわいいから憎めないんですけど、でも限られた時間で副業も頑張りたいというタイミングだと、けっこう困っちゃったりします。

そこで今回は、猫がおもちゃを飼い主の足元にしつこく持ってきてしまって作業などが妨害されてしまうときの対処方法について考えてみたいと思います。

猫がおもちゃを足元にしつこく置いてきて困った!作業妨害を回避する方法は?

毎日毎日、何度も何度も足元におもちゃを持ってきては『遊ぼうよアピール』をしてくる我が家の猫なんですが、これについて普段お世話になっている獣医師の先生のところに行く機会があったのでちょっと聞いてみたんです。

するとどうやら、『アピールに対して飼い主が毎回答えていると、遊んでくれるものだと学習してしまう』とのことのようです。

確かに、エサの要求とかも同じかなと思うんですけど、欲しいと言われたからと言って毎回猫の要望に応えていたら、どんどんエスカレートしていっちゃうんですよね。

遊びに関しても同じことが言えるから、毎回毎回、猫のアピールにお応えして遊んであげなくてもいいとのことでした。

さすがにいつも無視するのはかわいそうなので、遊んであげられる余裕がある時は相手しようかなと思いますが、やっぱり本業の仕事や家事・育児の合間をぬって副業するためには時間がとても大切ですもんね。

猫との遊び時間も大切にしつつ、だからといって自分の時間を犠牲にしないというバランスが大切なのかなと感じました。

とりあえず、今後はおもちゃを持ってきたとしても、すぐに反応せずに我慢することも覚えたいと思います。

おもちゃを足元まで持ってきて床に置いたとしても、おもちゃを動かさないのがポイントですね。

猫の性格によっては思いっきり遊んで発散させるのもアリ

うちの猫の場合は、一度遊びスイッチが入るとなかなかオフになってくれないので困っているんですが、猫ちゃんの性格によっては、比較的すぐにオフになってくれる子もいるみたいです。

そういう場合は、遊んでほしそうにしているときは思いっきり遊んで疲れさせるというのも手段の1つかなと思います。

猫の方が疲れたり飽きたりするくらい思いっきり遊んであげれば、その後は自分の時間が待っていますもんね。

ただ、本気になりすぎると飼い主の方もばててしまうことがあるので、ほどほどに体力を温存しながら遊ぶというのも大切かなと思います。

我が家の猫の場合は、本気モードになると新品のおもちゃも一瞬で破壊してしまうので、おもちゃが壊れないように配慮しながら遊ぶのも大切なのかなと感じています。

せっかく副業で稼いでも、毎日のようにおもちゃが破壊されてお金が地味に飛んでいったら悲しいですもんね…

お金もおもちゃも大事に使っていきたいと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

追伸:センスがなくてもアドセンスで月収10万円稼ぐネタ探しの方法について無料でお読みいただけます


現在、サラリーマンの副業としてアドセンスを実践しており、毎月10万円ほど稼いでいます。

ですが、元々センスや才能もなかったので、最初の頃は月1万円すら突破できずに悩んでいたんですよね…(^^;

そこで、センスがなくても実践できる方法として、Yahoo!知恵袋からネタ探しをする方法を取り入れたところ、少しずつ報酬が伸びてきました。

最初の月収1万円を達成してしまえば、後はそれを続けていくだけで成果を出すことは十分可能です。

まずは手堅く月収1万円を目指していただきつつ、その報酬を月3万⇒5万⇒10万とふやしていけるよう、

メルマガ読者様には、私も実践して成果を出しているYahoo!知恵袋からネタ探しする方法について無料レポートをプレゼントしています。

無料プレゼントはこちらからこちらからお受け取りいただけます↓↓
Yahoo!知恵袋からネタ探しをする方法を読んでみる

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です