記事本文作成時もSEOを意識してキーワードを自然に盛り込ませること

どうもこんにちは!

荒木田です

 

今回は、記事本文する際は意識してキーワードを自然に盛り込むというテーマ解説していきます!

 

 


 

 

記事タイトルはSEOでめちゃくちゃ重要!!

 

記事タイトルは SEO で超重要ということで、

必ず記事タイトルにはキーワードを含めていきましょう!

というお話を別の記事でもさせていただきました。

 

狙うキーワードをそれぞれひとつずつタイトルに盛り込んでいくことがが検索エンジンで上位表示させる上では非常に重要なポイントになります。

 

この記事タイトルにしっかりキーワードを含めていくということももちろん大切なんですが、やはり記事の本文にもキーワードを自然に盛り込んでいくことも重要です。

 

記事タイトルにキーワードを入れるだけでは不十分といいますがこれだけだときちんと上位表示できない場合があるんですね。

 

そこでしっかり記事の本文の中にもキーワードを盛り込んで行くことこちらを忘れずにしっかり行なっていく必要があります。

 

ただしそうは言ってもスパム的にキーワードを含めていくのは絶対にやってはいけません!

 

極端な例ですが、

「ダイエット」について記事を書いていくときに

ダイエットダイエットダイエット…

と狙うキーワードだけ入れられた記事に価値はあるでしょうか?

 

言うまでもなく、そのような記事に価値はありませんよね?

 

とにかくキーワードを入れればいいというわけではなく、意味のある文章の中に必要なキーワードを自然に織り込んでいくということが大切なんです。

 

また、記事本文だけではなく、記事の見出しの方にもキーワードをしっかり含めることが大切です 。

 

SEO 対策上を優先順位が高くなるのは以下の順番です。

記事タイトル(前半)→記事タイトル(後半)→見出し→本文

 

記事タイトル、見出し、本文のそれぞれにキーワードを盛り込んでいくことが必要になるわけですが、このようにみるとなんだか難しそうですね…

 

でも、実際にはキーワードに沿って記事を作成していけば、自然と必要なキーワードが含まれていきますので、そこまで心配する必要はありません。

 

ただ、それでも記事を書くときにキーワードをきちんと含めることができるか心配という方もいらっしゃるかと思いますので、具体的なキーワードの盛り込み方もご紹介したいと思います!

 

 

具体的なキーワードの盛り込み方①~話題をずらさない~

 

キーワードに沿って、記事を書いていたと思っていても、気が付いたら話題がそれてしまっていたということは意外とよくあります。

 

あんなことも書きたい!

こんなことも伝えたい!!

 

このような気持ちになるのは、記事を書くのに慣れてきて、ブログ更新が楽しくなってきたときには特にありがちです。

もちろん、たくさんの情報を伝えていくというのは非常に大切なことです。

 

しかし、キーワードと関係のない話題をいつまでも続けてしまうと、検索してブログを見に来てくれた人からすれば、関係のない情報ばかりになってしまうということになるんですよね…

 

良かれと思って色々な話題に触れていった結果、何を伝えたいのかよくわからなくなってしまうこともありますし、狙ったキーワードとはそれほど関係のない記事を書いてしまうこともあるのです。

 

話題がずれていくと、当然ながら登場するキーワードも別のものに変わっていき、結果的に狙っていたキーワードがあまり出現しないという状態になってしまいます。

 

これでは上位表示させることが難しくなってしまうんですよね…

 

逆に言えば、きちんとキーワードから連想される内容で、伝えたいことをしっかりと記事に書き起こしていけば、自然とキーワードを記事に盛り込んでいくことができるようになります。

 

話題からそれていかないように意識しながら記事を書いていくことが、キーワードを自然に盛り込んでいくためのポイントですね。

 

 

具体的なキーワードの盛り込み方②~指示語をキーワードに置き換える~

 

 

より具体的に記事本文に自然にキーワードを盛り込むテクニックとして、

指示語をキーワードに置き換えるという方法があります。

 

ちなみに、指示語とは「これ」、「それ」、「あれ」などと言った言葉のことです。

 

この、指示語をキーワードに置き換えて行くことによって、文章の中にキーワードが出てくる回数を増やすことができるようになります。

 

例えば「健康」と「運動」というこの二つのキーワードを使って記事を作成していく場合で、次のような記事を書いたとします。

 

「健康を維持するには生活の中に運動を取り入れることが大切です。それはなぜかと言うと…」

 

この中に、「それ」という指示語が出てきていますよね?

 

「それ」をキーワードに置き換えていくことによって、記事本文の中に出てくるキーワード数というのを増やすことができるようになります。

 

今回で言えば、「それ」の部分を「運動が重要なのはなぜかと言うと」みたいな形に置き換えると、「運動」というキーワードを自然に含めることができますよね?

 

ただし、この方法を使いすぎてしまうと少し文章がくどくなってしまうことがあるので、

全体的なバランスを見ながら読みやすい文章にしていく配慮が必要になってきます。

 

このテクニックは、記事を全体的に見た時に狙っているキーワードが出てくる回数が少ない場合にはすぐに使えるテクニックです!

 

実際、私もアドセンスを実践してから、月収2万円や3万円ぐらいで停滞してしまった時期がありました。

 

この伸び悩んでしまった時にこのテクニックを取り入れたところ、少しずつ収益が再び上がるようになり、月収5万円以上の結果が出せるようになってきました。

 

簡単なテクニックではありますが、実は収益に直結するような重要なポイントとも言えるので、きちんと狙っていくキーワードを本部の中に含めて行くようにしましょう!

 

 

このように、キーワードから逸れた記事にしないよう意識することと、指示語をキーワードに置き換えていくという2つの方法をご紹介しました。

 

不自然にならない程度にキーワードをしっかり盛り込んでいくことは収益を増大させていくうえで大切なポイントになってきますので、きちんとキーワードを記事やタイトルに含めていくように心がけていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です