2018年を振り返って思う2019年のアドセンスブログ作成の重要ポイント!

どうも!荒木田です。

2018年もあと本当にわずかとなりましたね。
今年もネットビジネス関係で多くの方のお世話になりました。
本当にありがとうございました!

それにしても、本当に1年ってあっという間ですね…
ちょっと今年のことを振り返ってみたいと思います。

2018年を振り返って…

今年2018年なんですけど、思い返してみると1年前の年末はけっこう精神的ダメージを受けていたような気がします。

というのも、およそ1年前にGoogleのアルゴリズム変動があって、健康系で作成していたサイトの収益が激減しちゃったんですよね…

あの時は本当に終わったかと思いました…笑

その後なんとか持ち直して、今では再び稼げるようになりましたが、なかなかに恐ろしいものがありますね…

今年はその後も何度かアルゴリズム変動が起こり、検索順位に大きな影響が出た人が多かったみたいです。

個人的には昨年末以来はそれほど影響なく過ごしていましたので、ほかの人に教えていただくまでアルゴリズム変動には全然気が付かなかったんですけどね…笑

今年もブログ記事を書いてアドセンス収益を得ることに力を入れてきましたが、今後アルゴリズム変動に悩まされないためには、次のあたりが大切なのかなと思います。

アルゴリズム変動に負けないブログ作成方法1 オリジナル性を高める

お恥ずかしながら、1年前に吹き飛んだサイトやブログに共通しているのは、いわゆるリライト系のサイトでした。

他のサイトに書いていることや、何かの本に書いているようなことをまとめてきて記事を作成するスタイルを何年か前にはやっていて、それらの記事が2017年12月ころまでは稼いでくれていたんですけど、それ以降はダメダメでした~笑

今だから笑えますけど、去年は「ヤバイ!」って焦ってましたね~

それで、改めて思ったのは、記事のオリジナル性!

ただ、オリジナル性といっても、世界に全然出ていない貴重な情報とか、新しい研究成果みたいなのなんて、そんなポンポン記事にすることはできません。

もちろん、そんなことしなくても、十分にオリジナル性を出すことは可能です。

例えば、年末のお掃除をしていて、掃除がしにくかった場所をこうやって工夫したら簡単に綺麗になった!

みたいな体験をあなたがしたとして、それを記事にしたら、同じく年末の大掃除で困っていた人が大助かりじゃないですか?

そんな、日常の中で自分が経験したことをベースにして記事作成をしていくっていうのが大切なんじゃないかな~と感じます。

もちろん、単なる日記はNGですよ!

検索してブログに来てくれる人は、基本的に検索したキーワードに関して、情報を知りたいって思っているわけですから、その人の悩みとか知りたいことに対する答えを用意して伝えてあげる記事にしていくことは大前提です。

アルゴリズム変動に負けないブログ作成方法2 徹底してライバルの弱いキーワードを狙う

もう一つ、今年は徹底してライバルの弱いキーワードを選定するように心がけてきました。

ライバルがわんさかいるようなキーワードで書いたとして、次のような問題があります。

  • そもそも上位表示できない
  • 上位表示できてもライバルに抜かれたり、圏外に飛ばされる可能性がある

昨年、アドセンス収益が激減しちゃった原因って、結局のところ圏外に飛ばされちゃってたのが原因なんですよね。

なので、今回はそもそもライバルが全然いないようなキーワードを狙って記事を書いていきました。

これなら、圏外も何も自分の書いた記事しかないくらいな状態になりえますからね。

ただ、その分検索需要が少なすぎるキーワードにならないようにバランス感覚は気を付けたほうがいいかもしれませんが…

とにかく徹底してライバルがいないキーワードを狙っていけば、そこまで上位表示は難しくないって感覚がつかめるようになると思います。

安定して上位表示できる記事が増えてくれば、アクセスも安定しやすくなり、結果として資産型のブログが構築できるようになるので、今後もライバルが弱いところをとにかく狙っていくというスタンスを継続しようかなと考えています。

2018年も大変お世話になりました!

今年はもっとアドセンスやネットビジネスに関する情報をガンガン発信していきたいと考えてはいたんですけど、結局アドセンスブログの運営だけで手いっぱいになっちゃって、全然このブログは更新できていませんでした…笑

ですが、ブログには書いていないものの、ビジネス関係では多くの人に支えていただきました。

本当に、この1年お世話になりました!

2019年もどうぞよろしくお願いいたします!

それでは、よいお年をお迎えください。

ありがとうございました!


 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です